東芝メモリSSDフォーラム2017

2017年1130(木)
虎ノ門ヒルズフォーラム

本イベントは受付を終了いたしました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

イベント概要

企業のデジタルトランスフォーメーションが進む中で、ストレージデバイスはディスクからフラッシュメモリへの移行が急速に進んでいます。東芝メモリ株式会社は、フラッシュメモリの先駆者としての確かな技術力、生産能力を背景に、未来を見据えた革新的なSSDを提供し、データ爆発時代のストレージ需要を支えます。今回は、本格的なエンタープライズ市場の転換期を見据え、東芝メモリ株式会社として初めてのフォーラムを開催します。国内のエンタープライズ最新状況や当社SSD導入事例をふまえ、SSDによって実現出来ることをご紹介いたします。

東芝メモリ株式会社 代表取締役社長 成毛 康雄

東芝メモリ株式会社
代表取締役社長
成毛 康雄

日時
2017年11月30日(木) 13:30 - 18:30 (受付開始 13:00)
会場
虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB(4階) 〒105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー アクセスはこちら
定員
300名様
※来場者には記念品をプレゼントさせていただきます。
対象
ITインフラ企画・導入・運用に関わる管理者/技術者の方
※競合企業、または対象外と判断させていただいた方は、ご遠慮いただく場合がございます。
※参加申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
参加費
無料 (事前登録制)
主催
東芝メモリ株式会社

本イベントは受付を終了いたしました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

プログラム

第一部 講演

13:30 - 14:00
東芝メモリ株式会社のフラッシュメモリが変革する、個人と企業の日常 東芝メモリ株式会社 取締役 SSD事業部長
横塚 賢志(よこつか まさし)
東芝メモリ株式会社 取締役 生産本部長 四日市工場長
松下 智治(まつした ともはる)
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」- デジタルトランスフォーメーションの普及を、東芝メモリは様々な用途に最適化されたSSDの提供を通じて加速します。
技術の革新が個人・企業の日常とIT社会のシームレスな連携を実現しつつある今、データの保有量・分析能力の拡大・向上は、ITに携わる全ての人々にとって、最も喫緊な課題と言えます。
本セッションでは、我々東芝メモリが最先端のメモリ・SSD開発を通じ、どの様に”より良い日常”への変革に貢献できるかを、技術活用の事例や、世界最大級の四日市工場の紹介を交え、ご説明します。
14:00 - 14:30
DX時代に求められるエンタープライズインフラストラクチャの条件
~最新支出トレンドと新たな選定基準~
IDC Japan株式会社
エンタープライズインフラストラクチャ/PCs グループディレクター
森山 正秋(もりやま まさあき)氏
企業が新しいビジネス価値を創出し、競争優位性を高めるデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するためには、エンタープライズインフラストラクチャのトランスフォーメーションが必須になります。本講演では、DXの普及に伴う国内エンタープライズインフラストラクチャ支出予測の変化について分析すると共に、DX時代に求められるエンタープライズインフラストラクチャの条件について考察します。また、ハイブリッドクラウド、Software-Definedテクノロジー、ハイパーコンバージドシステム、オールフラッシュアレイなどインフラストラクチャの変革を促す新しいテクノロジーの国内における導入実態や市場予測を紹介し、ユーザー企業が考慮すべき新しいインフラストラクチャの選定基準について考察します。
14:30 - 14:45
休憩
14:45 - 15:15
サーバとフラッシュのちょっといい関係 Dell EMC (デル株式会社)
インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 法人営業本部 本部長
瀧谷 貴行(たきたに たかゆき)氏
近年のフラッシュテクノロジーの進化によりサーバのワークロードは劇的に加速しています。この加速がこれまでのサーバやストレージのアーキティクチャを大きく変え、サーバは様々な機能を集約する基盤としてのコンピューティングノードへと変遷しています。SSDを搭載したDell EMC PowerEdgeサーバの導入事例をふまえ、SSDを活用することでTCO削減を行いながら、新たなデジタルビジネスを創出していくIT基盤を構築するための方法についてご説明します。
15:15 - 15:45
Microsoft製品とSSDを組み合わせた最新ITインフラの価値 日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズサービス事業本部 エンタープライズサービスデリバリー
小塚 大介(こづか だいすけ)氏
マイクロソフトが提供する様々な製品は最新のハードウェアを組み合わせることによって、大きく性能が向上し皆様のビジネスに大きく貢献します。本セッションではマイクロソフト製品に搭載されているSSDを活用するための機能をご紹介し、どのようなメリットが生まれるのかを具体的にご説明します。
15:45 - 16:00
休憩

第二部 ブレイクアウトセッション

16:00 - 17:30
一挙公開 デジタル変革を支えるフラッシュ&SSDテクノロジー 東芝メモリ株式会社 SSD技師長
柳 茂知(やなぎ しげのり)他、SSD事業部 SSD応用技術部
デジタルトランスフォーメーションの基盤を構成するキーコンポーネントであるフラッシュメモリの有効性・先進性を詳しくご紹介する技術セッションです。
<概要>
・進化を続ける東芝メモリの3次元フラッシュメモリ 超微細加工技術と積層化技術のご紹介
・データセンター、エンタープライズ向け3次元フラッシュメモリ BiCS FLASH™ 搭載の最新SSDを中心に、全ラインナップのご紹介
・NVMe-oFを上手く使いこなせるとこんなに便利!デモを取り入れながらのNVMe-oFの特徴をご紹介
・最新NVMe™ SSD CM5 シリーズの性能を実際どこまで引き出すことができるか?実機評価結果などのご紹介

懇親会

17:30 - 18:30
懇親会 軽食・ドリンクをご用意しております。

※講演内容は都合により変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※本文に掲載の製品名やサービス名は、それぞれ各社が登録商標または商標として使用している場合があります。

本イベントは受付を終了いたしました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

アクセス

虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB(4階)
〒105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー

アクセスはこちら